FIAT500

【簡単】東京オリンピック仕様ナンバープレートの申し込み手順を解説!! 気になる費用を全国一覧表でチェック

ナンバープレート オリンピック仕様の申し込み方法や値段・期間は?(全国値段一覧)

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を記念した特別仕様のナンバープレート

2017年10月10日からいよいよ交付がスタートし、もう直ぐ2年が経過しようとしています。

2020年までの期間限定での交付ということで、現在でも新車購入者を中心に人気となっているオリンピックしようですが、これから申請しようと考えている人の中には

「どうやって申請するんだ・・?」「いくらかかるんだろう・・」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

今回はオリンピック仕様の限定ナンバープレートについてご紹介します^ ^

オリンピック仕様のデザインは2種類

意外と知られていないのが、オリンピック仕様のデザインは2種類あるということです。

なぜ2種類あるのが知られてないのかというと、2種類目を選ぶことができるのは「寄付をした人が対象となっているため」です。

寄付をされた方のみが2種類から好みの仕様を選ぶことができ、寄付金なしの方は1種類のみとなっています。

寄付金なしの場合は、オリンピックとパラリンピックのエンブレム右上にあるシンプルなデザイン。寄付金ありの場合は、エンブレムに加え、カラフルな背景があしらわれたデザインとなっています。

ガラッと雰囲気が変わるので、自分が欲しいデザインを確認していきましょう。

寄付金は1000円以上で可

もし寄付金ありのデザインが欲しい場合、

「寄付金でまたお金がかかるのか〜」と思われる方も多いかと思いますが、寄付金の額はいくらと決まった金額はなく、1000円以上の寄付という条件のみとなっています。

ですのでカラフルデザインが気に入られた方は1000円だけ追加の出費を覚えておきましょう。

ナンバープレートの申し込み方法

ではみなさんが気になっている本題に移ります。

オリンピック仕様のナンバープレートを申し込むには2つの方法があります。

現在のナンバーと交換の場合

すでにお持ちの車のナンバープレートをオリンピック仕様にする場合は交換の手続きが必要となります。(プレートの数字はそのままで移行されます)

手続きが行えるのは下記の2方法となっています。

①図柄ナンバー申し込みサービス(WEB)

②管轄の予約センター窓口

①の図柄ナンバー申込サービスであればWEB上の手続きで図柄入りナンバーの申込みに加え、ナンバープレートの交付手数料+寄付金の納付も行うことが可能です。

ネット環境があれば自宅でいつでも手続きが可能なので、こちらの方法がオススメです。

②の管轄の予約センター窓口で申込みを行う場合は、自動車検査証(コピー可)、再交付・交換申請書(管轄センター窓口にあります)の2点が必要です。

ナンバープレートの交付手数料や寄付金は交付時に支払うようになりますので、交付の際は必要なお金を用意しておきましょう。

希望ナンバーで申し込む場合

新しく車を購入した場合や引越しでナンバープレートの管轄が変更になった場合など、新しくナンバープレートの交付を受ける場合は希望ナンバーで申し込むようになります

4ケタの数字部分を希望の数字で申請することを希望ナンバーといい、人気の高い番号(ゾロ目など)は抽選となる場合があります。

希望ナンバーの場合も①図柄ナンバー申込サービス(WEB)、②管轄の予約センター窓口のどちらかで申請をするようになりますが、新しく車お購入される場合はディーラーが対応してくれることが多いです。

車を購入される場合は担当のスタッフさんに確認しておきましょう。(オリンピック仕様にしたいという希望を伝えることを忘れずに)

オリンピック仕様の値段は地域差がある

意外と申請自体は簡単にできることがお分かりいただけたかと思います。

そしてここまできたらあとはお値段がどれくらいか・・・ですね。

交付手数料は地域によって変動するので注意が必要です。

また車両の種類によっても「大板」「中板」「軽自動車」でそれぞれ料金が変わります。

・料金は1組(前後2枚)の料金
・大板:登録車で車両総重量が8,000kg以上、最大積載量が5,000kg以上又は乗車定員が30人以上の車両
・料金は、ビス・ナット等の取付金具類込みの料金
・管轄の地域によって料金は前後します

交付手数料一覧表

各地域ごとに交付手数料をまとめました。

なお一部情報が確認できていない地域がありますので、目安としてお考えくださいm(_ _)m

北海道地方

中板:8,170~8,290円

大板:12,460~12,600円

東北地方

中板:7,760~9,160円

大板:12,050~14,780円

軽自動車:7,740~9,890円

北陸信越地方

中板: 7,790~8,600円

軽自動車:7,790~8,600円

関東地方

中板:7,210~7,410円

大板:10,820~11,020円

軽自動車:7,210~7,410円

中部地方

中板:7,300~7,500円

大板:10,910~11,700円

軽自動車:7,440~8,110円

近畿地方

中板:7,970~8,360円

大板:11,790~12,600円

軽自動車:9,000円

中国地方

中板:8,920~8,960円

大板:14,570~14,780円

軽自動車:9,660円

四国地方

中板:8,930~8,990円

大板:15,210~15,400円

軽自動車:8,900~8,990円

九州地方

中板:9,000円

大板:13,280円

軽自動車:8,900~9,000円

最高値・最安値

中板:7,500~9,000円程度
大板:11,000~15,500円程度
軽自動車:7,200~9,600円程度

上記を見てお分かりになるように、地域によって料金に差が発生しています。

大板に至っては4000円以上の差額が発生しています!

ただ大板の車は主に事業所用の車になりますので、多くの人が関わってくるのは中板と軽自動車の費用になります。

こちらは大分ほどの料金差はありませんが、それでも2000円の差は大きいですね。

寄付をされる場合は上記の金額に加えて寄付金の金額を支払うようになりますのでご注意ください。

※上記の金額はあくまで時報ごとの目安となります。正確な金額を確認されたい場合は、管轄の陸運局等にご確認ください。

オリンピック仕様の交付は期間限定

2017年10月10日より交付が開始されたオリンピック仕様のナンバープレートですが、申込みの期限が2020年9月30日までとなっています。

この日を過ぎてしまった場合は手に入れることができなくなってしまうため、お悩みの方は期限にお気をつけください。

また、ナンバープレートが破損してしまった場合も上記の期限が過ぎた場合は交換等の対応ができなくなります。

ナンバープレートが破損することは滅多にありませんが、念のため頭の片隅にでも覚えておきましょう。

まとめ

開催まであと3年を切った、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。

特別仕様ナンバープレートを付けて、大会開催の機運を一緒に盛り上げてみてはどうでしょうか?